銀行系

キャッシングの審査に落ちる理由となるもの

キャッシングが便利である理由の一つに、保証人、担保が必要ないという点があります。
では一体、審査で何をみるのでしょうか。
とにかく、この審査を通らないとキャッシングを利用することができません。

ですから相手が何を見るかをしっかりと把握しておく必要あります。
最初に言えるのは、信用です。
お金を貸し出すにあたって、この人は信頼出来る人かどうかをチェックします。

その際に参考にするのが今までの金融機関の利用履歴です。
例えば、他の金融機関にたくさんの借金をしていてしかも金額がかなり膨らんでいる、もしくは支払いが何回も滞っている、こういう場合は、当然ですが信頼されません。
落ちる理由になります。

他にも、申し込みの際に偽りを記入することです。
今行っている仕事、年収、こういったものは調べればすぐに分かります。
限度額を上げたい、確実に借りたいということで少しくらいと思って虚偽の申請をするかもしれませんが、これは犯罪ですし、嘘をつく人を信じる方が難しいです。

ですから、誠実にきちんと真実を記入する必要があります。
お金を借りるという認識を忘れないようにしましょう。
友達や、親族にお金を借りるときは真剣に説明し頭を下げます。
そもそもお金を借りるというのはそういうことなのです。

このページの先頭へ