銀行系

未成年のキャッシング利用

法律上、未成年でキャッシングをすることはできません。
20歳になってからと決められています。
なぜなら社会経験も少なく、お金の管理もしたことがないのに、いきなりキャッシングで何十万というお金を手にした時に平衡を失う可能性が高いからです。

金融機関からしてもあまりいい融資であるとは言えません。
しかし、消費者金融などのサイトを見てみると、大学生や専門学校生もキャッシングできることがあることがわかります。
これには特定の条件があります。

まず、親が同意すること、ですから名義上は20歳以上の親が監督することになります。
もう一つが自分でアルバイトなり、収入があることです。
収入が無い人は年齢にかかわらずキャッシングできません。

ですからきちんと毎月安定した収入を得ていることが求められます。
そして返済がきつい場合は、親が代わりに尻拭いをすることになります。
このことから分かることは、学生でキャッシングはしない方が良いということです。
お金を借りるという方法を若いうちから覚えてしまうのはあまり賢い方法とは言えません。
しっかりと自分で管理できる年齢になってから、お金のありがたみも働いてよく理解してから利用するのが一番賢明な方法です。

このページの先頭へ