銀行系

キャッシングは必要?不必要?

キャッシング申込前に、またキャッシングを利用する前にしっかりと考えことがあります。
それは、本当にキャッシングが必要かどうかという点です。
どうして考える必要があるかというと、キャッシングは当然ですが、使えば使うほど負債が増えていきます。

そして気づいた頃には結構な負債に膨らんでいます。
ここで問題が発生します。
キャッシングはすぐに返せる少額のお金を借りる金利商品ですので、金利もそのように設定されています。

つまり借りれば借りるほど利子も膨らむというわけです。
こうなると、ハマります。
いくら返済しても元金が全然減らない感覚に陥るのです。

こういった状態を避けるために、毎回利用前に、また始めての人も申込前に、本当にキャッシングをしないといけないか考えることができます。
もし、欲しいものがあるだけなら我慢しましょう。
なぜなら借金してまで購入してするようなものは今の生活に絶対に必要のないものです。

また先に家族や友達に借りられないか確認しましょう。
そうすれば金利はつかないからです。
上手にお金をやりくりできる人、自制心のある人にとってキャッシングは不必要です。
必要な人も、長期的に借りるなら他の金融商品という選択肢もあることを覚えておきましょう。

このページの先頭へ