銀行系

キャッシングの限度額決定方法

キャッシングを利用する時に、目的が異なります。
家を買う足しにしたい、車を買う足しにしたいと様々な目的があります。
もしかしたら本当に生活をやりくりするために、数万円の借入で十分ということもあります。

少額の場合、キャッシングで利用できる限度額が一番低く設定されても何の問題もなく利用することができます。
しかし、もし家や車など大きな買い物の場合、もしくは他の金融機関にも借金があり、それを一つにまとめて返済していきたいといったような場合は、限度額が大きければ大きいほど助かります。
そこで考えるのが何を基準に融資の限度額が決まるかという点です。

一言で言うと、安定性です。
利用者がどれだけ安定しているかが目安となります。
それは、年収、勤務年数、職によって決まってきます。

年収が多く、勤務年数が長い、そしてさらに公務員である、こうなれば安定感が抜群で、いくら貸しても返ってくる見込みが高いです。
こういった場合、当然限度額も高くなります。
返って、最近始めたバイトで、職歴なし、年収も低いとなれば安定性にかけます。
融資を受ける事はできますが、限度額をそんなに多く期待することはできません。
このように、借りる人がどれだけ安定性があるかを見られます。

このページの先頭へ